The Last Man Standingみたいなあ、ぼくたちは

By:イヴァン

Japan Pop Culture」とはウネサの日本語学科の学生会の毎年のプログラムです。JPCともいいます。日本の文化を、ウネサの日本語学科をみんなに紹介するために、JPCを行います。それで、学生は訪問者にいろいろな上演をします。たとえば、よさこいやドラマやさくらおどりなどです。

JPCでたくさんブースがありました。あのブースはいろいろなものを売りました。たとえば、食べ物や飲み物やAKB48の写真などです。このブースの中で11ABクラスのブースは本や食べ物や張り紙などを売りました。だが、私がこのブースの担任ではなくて、ただ様々な本を供給しました。

JPCで私は駐車場の無難を担任しました。JPCの前にいろいろなことを準備しました。たとえば、駐車券を、JPCの駐車場の標識を作ったり、グループのシフトを決定したりしました。駐車場からJPCのステージまで遠いですから、JPCのプログラムがたくさんあっても、見られなくてしまいました。たとえ、シフトが変わって、JPCのステージが近くにいたときにもさくら踊りの上演やよさこいの上演などが見られることができませんでした。

JPCは午後九時ぐらいにおわりました。みんなはブースやいすなどをもう片付けましたが、駐車場を無難しなければなりませんから、手伝えませんでした。さらに、JPCの評価が始まったときも参加することができませんでした。しかも、評価が終わってから、訪問者が全員帰らなければなりませんから、駐車場を担任する人が帰られませんでした。あの時私は「The Last Man Standingみたいなあ、ぼくたちは」と思いました。

 

Tinggalkan Balasan

Isikan data di bawah atau klik salah satu ikon untuk log in:

Logo WordPress.com

You are commenting using your WordPress.com account. Logout / Ubah )

Gambar Twitter

You are commenting using your Twitter account. Logout / Ubah )

Foto Facebook

You are commenting using your Facebook account. Logout / Ubah )

Foto Google+

You are commenting using your Google+ account. Logout / Ubah )

Connecting to %s

%d blogger menyukai ini: