JPC (Japan Pop Culture) 2013

By:ハフィズ・ハフリルド

  JPCというのはスラバヤ国立大学の日本語学科の学生会の一番大き文化祭のイベントであり、JPCの委員会に毎年行われる。

今年のJPCJPC 2013と言って、1123日にFBS(芸術言語学部)で行われた。テーマは去年のJPCと違う。今年のテーマは「日本の雰囲気」で、概念は「昔話」だった。JPC 2013の中に三つ区分―高校段階の学問的な大会と書道のワークショップと園芸―もあったし、それに他にはブースとお化け屋敷とパレードバンドと他の演奏とゲストスターと花火もあった。

高校段階の学問的な大会区分の中に漢字大会と朗読大会と弁論大会と書道大会があった。予選ラウンドは2日に行われたが、最終ラウンドは3日に行われた。

書道のワークショップは3日9時~11時半にFBST2の講堂で行われた。テームは「心の美術」だった。話者は中村伊予先生だった。

園芸は3日午前8時~午後9時半に行われた。園芸の中にダンスカバー大会とカラオケ大会とYUFASHOW―浴衣ファッションショー―大会とキャラクターでサイン大会と小さい漫画大会と食べ大会があった。

私は最高責任者として色々なことをして本間にぐたぐただった。準備の日々に会議を行ったり、輸送したり、秘書手紙などをサインしたり、ブリーフィングしたり、飾ったりする。

初日に受付で待機したり、傍受に巡回したり、秘書手紙や証書をサインしたり、二日目のためのブリーフィングと準備をしたりする。

二日目に準備したり、歓迎したり、傍受に巡回したり、秘書手紙や証書をサインしたり、褒美を与えたり、バンドを演奏したり、評価報告したりする。

最高責任者になることはまるで何もしないように。だが、実際に、全員の委員会のことを考えたので、心理も身体もめっちゃ疲れた。また、他の委員の仕事を手伝ってあげて、もっと疲れてなったけど、連帯感を感じて楽しかった。

「苦楽を共にする」

確かにそれは委員会が手に握らなければならない原則である。

Tinggalkan Balasan

Isikan data di bawah atau klik salah satu ikon untuk log in:

Logo WordPress.com

You are commenting using your WordPress.com account. Logout / Ubah )

Gambar Twitter

You are commenting using your Twitter account. Logout / Ubah )

Foto Facebook

You are commenting using your Facebook account. Logout / Ubah )

Foto Google+

You are commenting using your Google+ account. Logout / Ubah )

Connecting to %s

%d blogger menyukai ini: