事務を担当している私

By:アンギ・ジュリヤナ・ヘルマ

先日UNESAにはJAPAN POP CULTURE がありました。この日は2013112日と3日です。私はJAPAN POP CULTUREの委員会です。2日には高校大会があって、この大会は弁論大会と朗読と書道とCERDAS KANJIがありました。この日では私のジョブは事務所に先生を迎に行って、領事館にかりた物を準備しました。かりた物はいろいろがあって、例えばこいのぼりや浴衣やハッピや伝統的なゲームがありました。2日にはハッピと伝統的なゲームだけ使いました。伝統的なゲームは剣玉や輪投げやだるまおとしやこまやお手玉やおはじきや羽子板がありました。ハッピは委員会が着られて、伝統的なゲームは受付の近くに飾り物になりました。  

3日には高校大会のフイナーレや演芸やワークショップがありました。3日に中学生の地方もありました。3日には私とヌルファヂラチスさんは中学生の地方にいました。受付にお客様は申し込んで、ときどきガイドになりました。この地方は午前7時に始まって、終わるときは午後1時ぐらいです。私達は浴衣を着ました。  

中学生の地方に伝統的なゲームがいろいろありました。たとえば、折り紙や囲碁や金魚すくや福笑いや玉いれやじゃんけんぽんや豆つまみとたこ焼きをつくったもありました。お客様はこの伝統的なブースをゲームをしました。

一番目ゲームは折り紙です。インドネシアにはSENI MELIPAT KERTASです。折り紙のブースでどうやって折り紙を作るのは教えていました。お客様はみんな楽しみました。お客様の折り紙は家へ持つことができました。

二番目のゲームは囲碁です。囲碁はインドネシアにはCATURです。でも囲碁とCATURは違います。むかしいですが、面白いゲームですよ。お客様は上手と思います。このブースは鷲と鴉がいって、この動物と写真を撮ることができました。

三番目のゲームは福笑いです。このゲームは絵の鼻と目と口が紙で貼らわなければなりません。ですからこの紙は顔があっていい顔が見られます。いい顔をつかった時、お客様は紙を家へ持って帰うことができます。

四番目のゲームは金魚すくです。このゲームはとても有名な日本のゲームです。このブースにはお客様がたくさんいました。ゲームの使い方はポイで金魚を取ります。

五番目のゲームは玉いれです。使い方はお客様はかごにたくさんボールを投げらなければなりません。勝者はお菓子をもらいました

六番目のゲームはじゃんけんぽんです。じゃんけんぽんはインドネシアにはSUIT です。「じゃんけんぽん」と言って、グー、チョキ、パーのとれか一つを出して、勝者はバルーンのハンマーでたたいて、負けた人は頭を(し)めることができます。とてもおもしろいですね。

七番目のゲームは豆つまみです。このゲームは有名と思っていって、使い方は箸で豆をとります。面白いですよ。勝者は折り紙をもらいました。

最後は料理のブースがありました。このところで日本語学科の料理クラブはたこ焼きを作りました。お客様は無料たこ焼きをまらって、そのほかにはたこ焼きの作り方を教えました。

そして、休みのところもありました。ここにお客様は休みながら、たこ焼きを食べることができました。

最初中学生の地方はとくに中学生だけ使いましたが、それに中学生じゃなくて、みんなは入ることができました。でも中学生は無料です、そのほかのは払わなければなりませんね。2千ルピアーだけです、安いですよ。

お客様は全部150人ぐらい中学生の地方へ行きました。多いいですよ。お客様は楽しそうと思っています。良かったですね。

Tinggalkan Balasan

Isikan data di bawah atau klik salah satu ikon untuk log in:

Logo WordPress.com

You are commenting using your WordPress.com account. Logout / Ubah )

Gambar Twitter

You are commenting using your Twitter account. Logout / Ubah )

Foto Facebook

You are commenting using your Facebook account. Logout / Ubah )

Foto Google+

You are commenting using your Google+ account. Logout / Ubah )

Connecting to %s

%d blogger menyukai ini: