アティク先生

レポーター:リファアトゥル・ファディラ、リアエルフィアナ、インタン・ファトマワティ

Atikweb

アティク先生の本当の名前はルスミヤティです。生年月日は1980年10月27日でした。スラバヤに生まれて、双子として生まれました。双子の名前はルスミヤ二です。ご両親の名前はAbdul Hadi Asmiです。アティク先生のご主人の名前はHerdian Prabowoです。子供が一人で、Aisyah Astiningtyas C.Pです。アティク先生はBanyu Urip Kidul IV/59Bに住んでいます。映画を見ること、料理をすることが  アティク先生の趣味です。暇な時よく主婦の仕事をします。伝統的なケーキが好きです。

アティク先生の学歴:

スラバヤ第274国立ウォノレジョ小学校

スラバヤ第23国立中学校

スラバヤ第16国立高校

スラバヤ国立大学

バンドゥンインドネシア教育大学

子供がすきですからアティク先生は子供の時幼稚園の先生になりたがったです。高校生の時アティク先生の好きな科目が化学でした。ぜんぜん日本語が分からなかったです。でも、大人になってよく日本語の映画を見ましたから大学に入る時日本語を選びました。アティク先生は二ヶ月に日本で研究をしたことがあります。愛知教育大学で研究をしました。そこでアティク先生はいろいろな聴解の学習の方法を勉強しました。能力試験のために、いい方法を勉強して、愛知教育大学の学生に教えました。それからスラバヤ国立大学日本語学科の学生に教える計画もあります。アティク先生の情報によると、日本の教育とインドネシアの教育は違うそうです。違うところが施設もいいし、教育も整然に実行されたし、それに学生がまじめに勉強すると言われました。

インドネシアの教育について、特に2013カリキュラムアティク先生は“私にとって2013カリキュラムをするために学校によって方法が色々ですね。先生方もきっと自分の方法があります。ですから問題がないと思いました。”と言いました。

日本とインドネシアの教育を話した後でスラバヤ国立大学日本語学科について話した。アティク先生にとって学生の学年によって色々な性格を持っていると言われました。日本語学科の先生がもうたくさんいて、設備もよかったです。

最後はアティク先生のまだ叶わない将来について話しました。アティク先生は日本の大学で日本語をもっと勉強したいがったです。アティク先生のモットは“Let it Flow,諦めないで、きっとできる!”と言いました。

Atik web

Tinggalkan Balasan

Isikan data di bawah atau klik salah satu ikon untuk log in:

Logo WordPress.com

You are commenting using your WordPress.com account. Logout / Ubah )

Gambar Twitter

You are commenting using your Twitter account. Logout / Ubah )

Foto Facebook

You are commenting using your Facebook account. Logout / Ubah )

Foto Google+

You are commenting using your Google+ account. Logout / Ubah )

Connecting to %s

%d blogger menyukai ini: