日本語におけるqualifier―形容詞・形容動詞・名詞述語を中心に

Tulisan ini dimuat di jurnal Nagoya Daigaku Jinbun Kagaku Kenkyuu Vol. 39 Maret 2010

日本語におけるqualifier

―形容詞・形容動詞・名詞述語を中心に―

R O N I

名古屋大学大学院

Universitas Negeri Surabaya

ronniewae@yahoo.com

要旨

qualifierは語順に基づく言語類型論において、述語の主要な要素を修飾する形 式である。日本語のqualifierは主要な要素の品詞によって、相対的に動詞qualifier、形容詞qualifier、形容動詞 qualifier、名詞qualifierの四つに区分できるが、本稿では後者の三つを中心に扱う。形容詞・形容動詞・名詞の語根とqualifier 形式が接続する際、連結要素が変わる。形容詞述語構造の場合、形容詞の最後の-iは連結要素として、「-i>-i」「-i>-Ø」 「-i>-ku」になり、形容動詞述語の場合、連結要素-daが「-da>-da」「-da>-Ø」「-da>-na」になり、 名詞述語構造の場合、連結要素-daが「-da>-da」「-da>-Ø」「-da>-na」「-da>-no」となる。これら の連結方法を使用するqualifierは大文字Qという。この場合、大文字Qは直接に形容詞語根、形容動詞、名詞に接続する。そして、三つの述語とも、 時制要素の-ru, -taを表す大文字Qに接続する小文字qもある。この場合、小文字qは直接に形容詞語根、形容動詞、名詞に接続しない。日本語のqualifierの条件 によって、形容詞・形容動詞・名詞のqualifierは34個の形式がとりあげられた。

Baca/print/download:   S I N I

Tinggalkan Balasan

Isikan data di bawah atau klik salah satu ikon untuk log in:

Logo WordPress.com

You are commenting using your WordPress.com account. Logout / Ubah )

Gambar Twitter

You are commenting using your Twitter account. Logout / Ubah )

Foto Facebook

You are commenting using your Facebook account. Logout / Ubah )

Foto Google+

You are commenting using your Google+ account. Logout / Ubah )

Connecting to %s

%d blogger menyukai ini: