Kajian Morfofonemik pada Konstruksi Frasa Predikat

Tatabahasa bahasa Jepang yang lain bisa dilihat di S    I    N    I

.

Berikut abstrak tulisan Roni (angkt 90) yang dimuat di jurnal: Nagoya Daigaku Jimbun Kagaku Kenkyu Edisi ke 38, Februari 2009  (名古屋大学人文科学研究、第38号、2009年2月). Judul dalam bahasa Indonesia hanya untuk menarik minat pembaca saja, judul aslinya dalam bahasa Jepang seperti di bawah ini. Jika membutuhkan untuk referensi rombun silakan download di  S    I    N    I

.

述語句末音素の形態音韻論的位置づけ

―子音動詞を中心に―

RONI

要旨

日本語の動詞、特に子音動詞では活用形、例えばyomu, yomi, yoma, yomeの最後の音素-u, -i, -a, -eの形態的位置づけに関していろいろな考え方がある。本稿ではそれらの音素は動詞をはじめとした述語がテンス・アスペクト・モダリティなどの多様な文法語要素を接続するための連結要素として扱うことを提案する。子音動詞の最後の音素uは実際の文では非過去の意味を持っているが、他の要素を連結する場合のuは非過去の意味を持っておらず、ただの連結要素である。前者は具体的レベルのu、後者は抽象的レベルのuと位置付けられる。連結要素-u-は運用上、周辺によってそのままの音素-u-であったり、-i-, -a-, -e-, -Ø-の音素に変わったりする。この場合連結要素u, i, a, e, Øは異形態素として扱うことができる。

Salam,

Pak Lurah

Tulisan Roni yang lain bisa diklik di s  i  n  i.

Tinggalkan Balasan

Isikan data di bawah atau klik salah satu ikon untuk log in:

Logo WordPress.com

You are commenting using your WordPress.com account. Logout / Ubah )

Gambar Twitter

You are commenting using your Twitter account. Logout / Ubah )

Foto Facebook

You are commenting using your Facebook account. Logout / Ubah )

Foto Google+

You are commenting using your Google+ account. Logout / Ubah )

Connecting to %s

%d blogger menyukai ini: