Abstrak Pengajaran

2 要旨

国立スラバヤ大学日本語プログラム2001年度の

レギュラークラスの「日本語初歩」における接続詞の使用能力

本題の「国立スラバヤ大学日本語プログラム2001年度のレギュラークラスの『日本語初歩』における接続詞の使用能力」を選んだ理由は接続詞の数が多くて、その使用法がむずかしいからである。

研究問題としては。

1. 2001年度のレギュラークラス学生の、接続詞「か」「と」「や」「で」「くて」「も」の、使用能力はどうだろうか。

2. 2001年度のレギュラークラス学生の、接続詞「か」「と」「や」「で」「くて」「も」の、分類の使用能力はどうだろうか。

3. 2001年度のレギュラークラス学生の接続詞の平均能力はどうだろうか。

そこで、本研究では国立スラバヤ大学日本語プログラム2001年度のレギュラークラスが接続詞の用法について理解できるかどうかを調べた。

研究のために学生20人にアンケートとしてテストを受けさせた。テスト問題は『まるうめ』と『わくうめ』からなっていた。この研究はDeskriptif kuantitatif の研究方法を用いた。調べたデータを検証し検討し分類しまとめた結果次のようなことがあきらかになった。

1. 接続詞「か」の学生使用能力は47,5で『不十分』である。

2. 接続詞「と」の学生使用能力は63,5で『十分』である。

3. 接続詞「や」の学生使用能力は63,9で『十分』である。

4. 接続詞「で」の学生使用能力は74,5で『良い』である。

5. 接続詞「くて」の学生使用能力は61,67で『十分』である。

6. 接続詞「も」の学生使用能力は46,12で『不十分』である。

7. 接続詞の使用の平均能力は59,09で『十分』である。

最後にこの研究が接続詞使用法における学生能力向上のための情報として役に立つならば幸いである。


5 要旨

日本語を勉強するモチベーション読書に対する興味とスラバヤ国立大学日本語学科の2001ねんどせいRegulerの大学生の評判の関係

勉強するモチベーションは大学生の中にある動かす力、この力によって勉強する努力とそのけいぞくをほしょうする。それからこの力も勉強する努力の自覚がある。それに勉強したいいしをたっせいすることがある。その勉強することの中に読書の努力がある。読書に対する興味は大学生がなにかが書かれたものを言うことやのべるいしがあることである。それからこの努力は幸せとモチベーションによっておこなわれる。日本語を勉強することの中に努力と興味とモチベーションがあるとよい評判になることができると希望する。

上にある説明によって、この研究の内容は日本語を勉強するモチベーション読書に対する興味とスラバヤ国立大学日本語学科の2001ねんどせいRegulerの大学生の評判の関係関係を表す。この研究の類別はSTUDI KORELASIである。それから二つの現象の関係をさがすために使用する方法はANALISIS STATISTIK.この二つの現象というのは日本語を勉強するうえでの読書の興味とモチベーションと大学生の評判である。

この研究の結果をだすために、データが必要である。このデータは二つの方法で入手された。それは直接におこなわれたアンケートときろくである。データを入手されたあとで、STATISTIKの方法でこのデータはかこうされたり調査されたりである。使用された法則はPRODUCT MOMENT ANGKA KASAR ANALISIS REGRESI DUA PREDIKTOR.

それからデータを調査した結果はつぎのとおりである:

1.勉強することのモチベーションと評判は積極的な関係がある. t hitungのほうがt tabel よりもっと高いからである。t hitung = 6,60 t tabel =2,05 だった。

2.読書に対する興味と評判は積極的な関係がある。t hitung のほうがt tabel よりもっと高いからである。t hitung =3,39t tabel =2,05だった。

3.勉強することのモチベーションと読書に対する興味と評判は積極的な関係がある. F hitungのほうがF tabel よりもっと高いからである。F hitung = 4,70F tabel =3,25だった。


8 要旨

GBPP 1994に対して高校のための日本語の手引書の調査

言語は人間がコミュ二ケーションするための手段である。日本語はインドネシアで勉強されている外国語である。それから日本語の手引書は先生がせいとに授業をおしえるためにもっともたいせつなことである。調査する日本語の手引書は高校で使用される手引書である。そして、この手引書はGBPP 1994によって構成された。だから筆者は国際交流基金とジャカルタのPPPG BAHASAにはっかんされた手引書とGBPP 1994を研究しりょうとして使用する。

この研究の問題はつぎのようなことである:

1.GBPP 1994に決められた授業の内容は高校の手引書に使用されているか。

2.この高校の手引書はGBPPに決められたもくてきによくあうか。

この研究はKualitatif 調査で使用された方法はAnalisis Deskriptif である。それからこの研究対すは国際交流基金とジャカルタの言語のPPPGにはっかんされた手引書を使いGBPP 1994のトピック研究である。データはアンケッともある。

そして目的は手引書をただしく調査する方法を教えることである。それに決められた教えることの方針によくあう。

この論文を読んで、せいとのためによい手引書のえらびかたを知ってもらいたい。特に高校生は日本語を初めて勉強する人であるから。それからこの研究の結果はつぎのようなことである:

1.手引書に教えられた授業の内容はGBPP 1994に決められたことにあわないときがある。手引書に教えられたごいもあわないときがあるある。

2.この手引書はGBPP 1994にきぼうされた目的がたっせいされていない。


9 要旨

国立シドアルジョ第4高校の一年生の日本語能力に対して聞き取り授業の中におけるアウデイオメディア使用影響の実験研究

言語能力というのは読み、書き、聞き、話しの四技能に分けられる。外国語の授業の中で、聞き取り授業はあらゆる情報を吸ったり理解したりするように重要な手段になる。
アウディオメディアというのは授業の中で教えやすいするように聞けるものである。聞き取り能力を めにテープを使用することできる。テープは聞き取り授業を助けるもののみならず学生の魅力を起させることもできると思う。さらに、先生にとって授業の中で学生活動や障害などを知ることができたりテープ使用で学生の聞き取り能力を向上させることができる。
国立 シドアルジョ第4高校には言語エルエルがあっても、使用しないそうである。したがって、本研究ではアウディオメディア使用で学生の聞き取り能力に対して影響について研究した。

問題点は次の一つである。
# 国立シドアルジョ第4高校の一年生の日本語の聞き取り能力に 対してアウディオメディア使用影響があるか。
調査は国立シドアルジョ第4高校の一年生の1組みと2組クラスから取り上げられている。調査取り方は、コントロルクラス (テープを使っているクラス)と実験クラス テープを使わないクラス)の二つに分けられている。取り上げられているデータは、統計の方法加工されたり調査されたりした。法則はt-scoreを使用し、結果を比較し、まとめられる。

本研究では用いられた方法は、実験法である。
本研究の結果は、次のことが判明した。
1. アウディオメディア使用したクラスと使用しないクラスとは異なる

結果が明確である。それは、t-score= -10,20のほうが t(5%,db=40) =

-2,021 より低いからである。
2. 中央値の計算により、MeのほうがMkより高いである。

それを見る と、メディアアウディオ使用したクラスのほうが使用しな いクラスよりもっと良くとわかる。


10 要旨

国立スラバヤ大学日本語学科2003年度学習者における

『外来語の書き方誤り』の分析

日本語の学習者は外来語を書くとき、困ることがよくある。日本語の音韻学の規則に合わせなえればならないという理由からである。そこで『国立スラバヤ大学日本語学科2003年度学習者における外来語の書き方誤り』をテーマとして選んだ。

研究問題としては、

1 2003年度の学習者はどんな外来語の書き方をよく間違っているか。

2 2003年度の学習者が外来語の書き方を書き間違えた理由はなんであるか。

3 2003年度の学生の外来語の使用能力はどうだろうか。

この研究はDESCRIPTION EXPLORATION METHODを用いた。研究のために学生25人にアンケートを行いとしてテストを


12 要旨

日本語教育にクワンタム。テイチング法の使用に関する研究

( マラン市ウィドヤ。ダルマ高等学校のテーススタデイー)

クワンタム。テイチング法とは学校での教える側および教わる側に楽しい分陰気を重視する方法である。この方法は学生の成績を上げる成果を見せた実績がある。そのため、著者はこの方法を採用して、高等学校での日本語教育に適用する試みをした。

マラン市ウィドヤ。ダルマ高等学校を選んだ理由はこの学校では日本語が一つのサークルだけからである。日本語が一つの講義にしている学校と比べて、ウィドヤ。ダルマ高等学校は日本語の能力が遅れている。また、教育方法も典型的な教育方法であるため、この研究に得られた緒果は新しい方法の適用による緒果を表すと期待できる。

この研究で著者は以下の問題を取り上げる。

1.典型的な方法と、クワンタム。テイチング法と比較し、高校生の日本語

能力に違う効果を示すか。

本研究の目的は

1.典型的な方法と、クワンタム。テイチング法と比較し、高校生の日本語能

力に効果の違いを調べることである。

本研究で用いられた研究方法は勉強初期能力テスト、教育計画、研究設備、最後テストなどを用いる研究手段を行い、定量的に解析を行う方法である。続いて、コントロール教育と実験教育で持た最後テストの結果を解析した。

本研究で得られた成果はマラン市ウィドヤ。ダルマ高等学校の生徒の日本語能力に典型的な方法と、クワンタム。テイチング法が違う効果を示すことがわかった。


13 要旨

ンガンジュク第2高等学校言語プログラム2003 – 2004三年生に対する

疑問文を作る能力について

言語を習うことはコミュニケーションを習うことである。学生にとって、コミュニケーションすることはお互いに質問をして情報を交換することである。質問や答えにはたいてい簡単な文を使っている。質問することは意味と目的を考えて疑問文を作ることである。

この表題を取りあげた背景は研究者の経験として、学生にとって文を作ることは難しいと感じたからである。

この研究では疑問文を作る能力について記述する。本研究の課題は(1) SMAN 2 Nganjuk言語プログラム2003 – 2004の学生の疑問文を作る能力はどのようなものであるか。(2) 学生によって作られた疑問文の間違いはなんであるか。この研究にはディスクルティフの方法を用いた。またデータ収集のためにテストを行った。

研究結果による「疑問文を作る学生の能力」は次の通りである。

1. SMAN 2 Nganjuk言語プログラム2003 – 2004の学生の作る疑問文の平均能力は81,74で「よい」である。大部分の学生の能力は平均以上である。学生の能力には大きいな差が見られない。

2. 学生によって作られた疑問文の間違いには次のようなものがある

a. 言葉の接続の間違い

b. 助詞の使い方の間違い

c. 文型の使い方の間違い

d. 言葉の選び方の間違い


14 要旨

基礎能力の育成をめざすカリクラムに合わせて高校の日本語教育のためにDra. Rr. Dwi Retno Udjian Ningsih が作成した手引書の調査

言語の授業は言語の維持とコミューニケションのための手段である。そして日本語はインドネシアで勉強されている外国語の一つである。授業では手引書とカリキュラムを合わせる必要がある。調査する日本語の手引書は高校で使用されている手引書である。この手引書はKBKによって作成された。筆者はDra. Rr. Dwi Retno Udjian Ningsih によって作成された手引書と基礎能力の育成をめざすカリクラムを研究資料として使用する。この研究はDra. Rr. Dwi Retno Udjian Ningsih が作成した手引書を使った基礎能力の育成をめざすカリクラムのトピック研究である。

この研究の問題はつぎの通りである:

  1. 基礎能力の育成をめざすカリクラムに合う授業の内容は高校のDra. Rr. Dwi Retno Udjian Ningsih が作成した手引書にあるか。
  2. 高校のDra. Rr. Dwi Retno Udjian Ningsih によって作成された手引書は良い本として条件を備えているか。

この研究はKualitatif 調査であり使用された方法はDeskriptif Komparatif である。また補足(ほそく)としてアンケトも行い、それから集計したデータも参考にしている。

そして目的は手引書を正しく調査する方法を教えることである。この論文を読んで、日本語の先生達とカリキラムの関係を知ってもらいたい。

手引書は次のような研究範囲に集中する。それには言語の技術と言語や文化の要素があることがわかる。また手引書が良い教材としての5条件に適合しているかどうかについて研究した。たとえば

a) 教材は論理的(ろんりてき)体系的(たいけいてき)であるか。

b) 手引書にはいろいろな練習があるか。

c) 教材は生徒の能力に合っているか。

d) 教材の練習は生徒の活動(かつどう)現状(げんじょう)に合っているか。

この研究の結果はつぎの通りである:

  1. 手引書で教えられている授業の内容は基礎能力の育成をめざすカリクラムに少し合わないときがある。手引書にはテーマが不足しているため教材にも影響(えいきょう)が出ている。それは:

a) 言語の技術

1) 生徒は漢字を書くことができない。

2) テープがないため、生徒の聞く練習は十分ではない。

3) 生徒は漢字を読むことができない。

b) 言語の要素

1) 手引書の中の文型(ぶんけい)表現(ひょうげん)が十分ではない。

2) 手引書では疑問詞と動詞の数が十分ではない。そして形容詞もない。

3) 手引書には漢字の指導がない。

c) 手引書は日本文化の要素が十分ではない。

  1. この手引書は内容が良く、良い手引書としての条件を備えていると言える。しかしこの手引書の教材は現状に合っていないと思われる。適合している点は次の通りである。

a) 教材は論理的で体系的である。

b) 手引書にはいろいろな練習がある。

c) 教材は生徒の能力に合っている。

d) 手引書の練習は生徒の活動に合っている。


15 要旨

シドアルジョのアンタルテイカ高校3年生の科目「言語」における語彙習得のためのドリル法の通用の影響に関する実験的研究

語彙は語の宝庫とも言われている。語彙は、言語の使用の過程においても意思疎通の過程においても非常に重要と見られる。言語の使用においては,充分な語彙の習得が必要である。充分な語彙の習得は人の言語使用の質を高めることができる。特に語彙の習得は、話を含む言語使用における

四技能の向上に役だつ。

語彙の教育においては、生徒の語彙の習得を容易にする方法が必要である。その方法がドリル法である。ドリル法は、語彙を含む技能の習得に利用できる一方法である。語彙の習得は、繰返し練習をすることによって一層容易になる。語彙の習得が高められると、話を含む言語使用四技能も向上する。

筆者が取り上げた問題点は、シドアルジョのアンタルテイカ高校三年生の科目「言語」における語彙習得のためのドリル法の適用の影響である。この問題点に基づく本研究の目的は、シドアルジョのアンタルテイカ高校三年生の科目「言語」における語彙習得のためのドリル法の適用の影響の有無を(し)ることである。

本研究に用いた調査方法は実験的方法であり、ドリル法を適用した実験クラスとドリル法を適用しないコントロールクラス即ち在来法を用いたクラスとに分けた。実験クラスとコントロールクラスの資料はt-スコア式を用いて統計的に分析測定し、その成果は次のとおりである。

1.t-スコア値=5,27<t(5%;db=20)=-2,086。このことはドリル法を用いた実験クラスとドリル法を用いなかったコントロ(こんとろ)ールクラスとでは、顕著な相違があることを示している。

2.平均値の計算から,Me>Mk。このことから、ドリル法を用いた実験クラスの成績の方が、ドリル法を用いなかったコントロール、クラスの成績よりも良かったと結論できる。

教育におけるドリル法の適用はシドアルジョのアンタルテイカ高校三年生の語彙の習得に著しい影響を与えた。従って学習教育過程において生徒による語彙習得のため教師はドリル法を適用することが望ましい。


16 要旨

国立マグタン第1高校の日本語の授業における言葉の能力に対する

ゲームメディア方法を使用の実験の研究について

人間は社会的生き物として、語彙を用いるの必要から解放されたことがない。人間は外国語を学ぶと言う可能性がある。日本語は、一つの難しいと考えられた外国語である。言葉集を編成されている言語は、構成要素として。語彙の理解は非常に必要である。語彙の理解が、多ければ多いほど、言葉の能力もよくなっている。

言語の授業も語彙の理解から解放されない。語彙の授業は、教授の方法に深い関係がある。しかし 今までも、 言葉の授業は、まだ 伝統的な方法を使用する。伝統的な方法は、生徒が退屈で、新しい言葉に対して忘れやすくなるのを原因となっている。授業の時に楽しい方法を使用すれば、言葉をおぼえやすくなった。この研究はゲームを使う日本語の授業の方法実験の研究である。

この研究の問題は、国立マグタン第1高校のクラスX-8形容詞について、語彙を理解する授業内容bursa kata, kata salah benar komunikataを使い方の影響はどうであるか。

本研究は、すべての国立マグタン第1高校で行われた、実験クラスは第クラスX-8で、コントロールクラスは第クラスX-5である。

この研究は、実験的方法の質的調査方法であり。平均値式とt-tesを用いた。

国立マグタン第1高校のクラスX-8での日本語の授業に対して、語彙の能力におけるゲームメディア方法を使用の影響がある。日本語の語彙の能力のはゲームメディア方法を用いなかったクラスコントロールはクラスX-5で、実験クラスはX8である。それで、クラスX-8の能力が、クラスX-5よりもっと高いである。

国立マゲタン第1高校での実験の結果は、ゲームメディア方法を使用することは生徒の日本語能力を高めることができる示している。ゲームメディア学生のモティイベーションを高め、日本語の習得をより,ようにする。


17 要旨

MAGETAN高等学校1の日本語学習者に対する

KOOPERATIF学習教授法の応用

外国語はコミュ二ケション方法として必要である。その外国語の-つに日本語がある。外国語、特に日本語能力をのばすためにさまざまな教授法が必要である。その-つにKOOPERATIF教授法がある。この教授法を応用すると日本語学習者は分析的なKOOPERATIF思考力が向上する。さきほどの理由「Magetan高等学校1の日本語学習者に対するKOOPERATIF学習教授法の応用」というテ-マを選ぶことにした。

この研究の問題はつぎのようなものだ:

1. どうやってMagetan高等学校1の日本語学習者に対するKOOPERATIF PENDEKATAN THINK-PAIR-SHARE (TPS) 学習教授法を応用するか。

2. Magetan高等学校1の日本語学習者に対するKOOPERATIF PENDEKATAN THINK-PAIR-SHARE (TPS) 学習教授法を応用して勉強したの結果どうだったか。

そしてMAGETAN高等学校1の日本語学習者に対するKOOPERATIF PENDEKATAN THINK-PAIR-SHARE (TPS) の応用とその結果の説名である。

この研究の意義は教師の知識が増やせることとKOOPERATIF PENDEKATAN THINK-PAIR-SHARE (TPS)を使うと学習者が興未を持って学習に取り組むが判明してことである。

この研究はDESKRIPTIF EVALUATIF (KUANTITATIF DAN KUALITATIF)法を使用した。また補足としてアンケ-トと観察それから学習者の成績を使用した。成績のデ-タ(KUANTITATIFのデ-タ)PENDEKATAN DESKRIPTIF KUANTITATIF法で分析される。それでKUALITATIFのデ-タはたとえば学習の工程とアンケ-トとインタビュ-がPENDEKATAN KUALITATIFで分析される。

この研究の結果はつぎの通りである:

1. MAGETAN 高等学校1の日本語学習者に対するKOOPERATIF学習教授法の応用を使って教師は教えた時、生徒たちも授業がよくわかりました。

2. MAGETAN 高等学校1の日本語学習者に対するKOOPERATIF学習教授法の応用を使って学習した成績の平均はM = 78 > 75.


18 要旨

GARUM BLITAR 第1高等学校の三年生の言語学科の学生が文章の中に漢字を使うことができるかについて

日本語を勉強するために、日本語が良く使うことができる。日本語の授業の中では、常に間違いが起こっている。学生によって 漢字は一番難しいことである。読み方も書き方も難しい。

本研究は文章の中に漢字を使うことができるかについて。三年生の能力の中で文章に漢字を使うことを研究します。

研究の目的は三年生の言語学科の学生が文章の中に漢字を使うことができるかを調べることである。

本論文に使った方法は Deskriptif Kuantitatif である。またテストを使って学生が漢字を使えるかどうか測定した。

研究の結果は:

1.クラスBの漢字の読みの能力は 68,78 パーセント。

2.クラスBの漢字の書きの能力は 66,83 パーセント。


20 要旨

2004年カリキュラムにもとづく日本教育の相互作用活動をMagetan第一高等学校の一年生X2のクラスにおける

言語と目的をたっせいするコミュ二ケッションの方法である。日本語は多くのインドネシアの高等で教えられている。日本語の教育は2004年カリキュラムに会わせて、相互作用活動が必要と思われる。ここでは筆者はMagetan第一高等学校の一年生2004年カリキュラムにもとづく日本教育の相互作用活動を研究する。

本研究の問題はDeskriptif Eksploratif Evaluatifの方法で分析する。データはアンケート、面接、本によって取られて。本研究の目的は教室の中の問題と相互作用活動の関係ことだ。解決ための有益な情報を与えることだ。

本研究の結果は、

1. 目的と資料

相互作用活動の目的は学生に日本語の能力の向上を支えることだ。例えば書く、話す能力、聞く能力、読む能力、2004年カリキュラムが良いか悪いか考えるためには研究をだけは不十分だと思われる。

2. 手つつき

教室の中で日本語教育の活動は順調に流れている。先生と学生はおたびにコミュ二ケッションができる。ただ相互教室活動はあまり変わらないである。

3. 評価

評価の中で教育の目的のたっせいする結果はあきらかである。例えばKognitifの評価, Afektifの評価, Psikomotorikの評価は高いが規律と話す能力の評価は低い。観察の結果から教師は高いですが。さらに教師の日本語の能力を増加しなければならない。


21 要旨

シドアルジョ第3高校国立のIPS2年生に日本語能力に対する

形容詞におけるペアペア法とドリル法の適用の影響に関する

実験的研究

形容詞は状態がさして、性格と性分を表現である。形容詞は二つがあり、い形容詞とな形容詞であるが変化が多くある。時々この変化は生徒に問題がある。

問題をすぐれる、形容詞を教えに適切な方法が必要である。目的を届くためいくつ方法が必要である。それはペアペア法とドリル法である。ペアペア法とドリル法をまとめるのは適切な方法でありとくに形容詞を教えためである。生徒が形容詞わかりが上がると日本語の話し方も上がる。

この研究における問題は「シドアルジョ第3高校国立のIPS2年生に日本語能力に形容詞のペアペア法とドリル法を使うのはどのような影響あるか」研究の目的はシドアルジョ第3高校国立のIPS2年生に日本語能力に形容詞のペアペア法とドリル法を使いの影響わかるように。

研究に調査方法を用いた。これは実験的方法であり、ペアペア法とドリル法を用いてコントロールクラスはペアペア法とドリル法を使わない、コンベンシオナル方法を使う。

このダータの分析の結果、次のようなことが明らかになった。

1. t-スコア値=-5,459 < t (5%;db=38) = -2,0252。この結果はペアペア法とドリル法を用いたコントロールクラスはコンベンシオナル方法がちょっと違いがあることを示す。

2. 平均値の計算から, Me > Mk. このことから、ペアーペア法とドリル法を用いた実験クラスの法が、ペアペア法とドリル法を用いなかったコントロールクラス成績よりも良かった結論できる。

この研究の結果は、ペアーペア法とドリル法を用いでにほん語勉強がやさしくて、日本語能力も上げられる。

23 要旨

メジャヤンのマデウンの第2国立高校において 2005-2006 学年度十一年生の IPA クラスの学生と IPSクラスの学生の間に

日本語初級レベルの書く技能を比較の学習

言語技能を達するために四つの技能が必要である。それは聞く技能、話す技能、読む技能、書く技能である。初級レベルの書く技能があれば、学生は他の言語技能を達することができると言う希望がある。

研究しているうちの問題点は次のとおりである。 1)メジャヤンのマデウンの第2国立高校において2005-2006学年度十一年生のIPAクラスの学生にはどのような日本語初級レベルの書く技能をもっているのか。2) メジャヤンのマデウンの第2国立高校において 2005-2006 学年度十一年生の IPSクラスの学生には日本語初級レベルの書く技能をもっているのか。3)メジャヤンのマデウンの第2国立高校において 2005-2006 学年度十一年生の IPAクラスの学生とIPSクラスの学生の間にどのような日本語初級レベルの書く技能のちがいがあるのか。

本研究には支えるために、二つの方法が必要である。一つ目の方法はテストであり、一つ目の方法はアンケートである。収集したデータは、統計方法で加工したり、調査したりした。使用した方側は、ESTIMASI INFERENSIAL 統計と仮定の実験である。

以上の問題点を答えるために、2005-2006 学年度十一年生の IPAクラスの学生とIPSクラスの学生には日本語初級レベルの書く技能のシクニフィカンな相異がある。

5パーセントのシクニフィカンを使って、ESTIMASIのためにつかわれる方則はと仮定の実験は、テースコアーの、方則を使うということである。

それからデータを調査した結果は次のことがわかった:

1) メジャヤンのマデウンの第2国立高校において 2005-2006 年度十一年生の IPAクラスの学生には日本語初級レベルの書く技能のという interval にある。

2) メジャヤンのマデウンの第2国立高校において 2005-2006 年度十一年生の IPSクラスの学生には日本語初級レベルの書く技能のという interval にある。

3) 仮定の実験を結果からティーは 3,84>1,99。仮定が証明した、あてはまるということである。ですから、まとめることができる。2005-2006 学年度十一年生の IPAクラスの学生とIPSクラスの 学生の間に日本語初級レベルの書く技能のシクニフィカンな相異がある。


24 要旨

Krianの第一国立高校において20052006年度の十一年生の日本語運用能力に対する会話会を使うPartisipatori 式の言語習得の効果

本研究の目的はどのような方法で外国語の学習は学習者に対して適切だと考えられているのかまた指導方法の持つ効果はどう評価されているのかを明らかにしたものである。2004カリキュラムによると、Partisipatori 式の言語習得の効果はmastery learningが使います。

本研究の問題点は次のとおりである:

1. 会話会を使うPartisipatori式の言語習得はどのような教育的効果あるのか

2. 会話会を使うPartisipatori式の言語習得の短所と長所はようなものがあるのか。

Krianの第一国立高校において20052006年度の十一年生の日本語運用能力に対する会話会を使うPartisipatori 式の言語習得の効果を対象にして調査を行った。調査結果としての学生成績表は、会話会を使うPartisipatori式の言語習得は50%のあまり効果がありません。短所はinstrumentalpsikologisとエクストレン要素であるから。そして、長所は態度や勤勉やコムニカションのindikatorである。


25 要旨

SMA MUHAMMADIYAH 2 シドアルジョの 2005/2006 学生言語プログラムにおける三年生が日本語の学課に漢字の読み方の誤りの分析

氏名 : ディアン ユニタヴィア

学生番号 : 022 104 221

教育プログラム : 日本語教育

学部 : 言語芸術学部

大学名 : 国立スラバヤ大学

指導教師 : レットナニ先生

日本語の学生は外国語の学生として漢字の特に、よく日本語の学課に文字を勉強する時、難しく思う。日本語の学生は漢字を読む時、よく間違っていた。

研究問題としては、

  1. SMA Muhammadiyah 2 シドアルジョの2005/2006 学生言語プログラムにおける三年生は、どんな漢字の読み方を間違っている。
  2. SMA Muhammadiyah 2 シドアルジョの 2005/2006 学生言語プログラムにおける三年生が漢字を読み間違えた理由はどうですか。

この研究は Kualitatif を用いた。研究のためにテストと面接を受けさせた。

この研究の結果としては、

  1. SMA Muhammadiyah 2 シドアルジョの 2005/2006 学生言語プログラムにおける三年生は、漢字の読み方によく間違っている原因は、
    1. 濁音に誤り
    2. 長音に誤り
    3. 促音に誤り
    4. 撥音に誤り
    5. 訓読と音読に誤り
  2. 漢字の読み間違えた理由は次のとおりである、
    1. 不注意だ
    2. 他の読み方が影響を受ける
    3. 読み方を一つだけ知っている
    4. ひらがながそっくりだ
    5. 長音を分からない
    6. 意味なので当惑だ
    7. 漢字を知っていない
    8. 日本語の学課に文字を覚えていない


26 要旨

国立スラバヤ第19高校の教育放送の影響のJJ FM

プログラム「Around The World To Japan」の 研究について

氏名 :ヘンドラ

学生番号 022104205

教育プルグラム :日本語教育

学部 :言語芸術学部

大学命 :国立スラバヤ大学

指導教師 Dr.Djodjok Soepardjo,M.Litt 先生

JASMINJJ FMとともに品質の「Around The World To Japan」の教育する放送。このプログラムの目的は知識の情報の教育とテクノーロギと文化をしている。

この研究に正確な結果を得るために次の問題点を取り上げる, 国立スラバヤ第19高校の放送の影響するからJJ FMのプログラム「Around The World To Japan」はどうであろうか。

本論文はArikuntoさん と Anas Sudjonoさん の理論を用いた。この研究はアンケートするデータを用いた。パーセントの方法で確認していたがアンケートするの結果でパーセントことにした。というと質的の文の資格を結果に説明した。パーセントの得るためにnon statistikの理論を使用した。

研究結果として, 国立スラバヤ第19高校の教育する放送の影響のJJ FMのプログラム「Around The World To Japan」は役に立つ。品質のパーセントは62.34%です。Media radio, ユニックなプログラム、メッセジ、基準の技術、はっきりする、motivasi するから問題点を見つける。


27 要旨

スラバヤのサティやウィディや高校の二年生の観光サビサ(UJP)

話す能力を分析

名前 :アルガ パンデゥ フェブリアント

学生番号 022104214

教育プログラム :日本語教育

学部 :言語芸術学部

学校 :外国語教育

人間のために言語はとても大切である。言語教育の中で四機能は聞くこと、話すこと、読むこと、書くことである。話す能力をさせることは一番大切である。この理由にもとづいて、研究の目的は、スラバヤのサティやウィディや高校の二年生の観光サビサ(UJP)話す能力を分析。

この研究はdeskriptif evaluatif の研究監督を使用する。デタで用いた、話す能力のペアペアと面接を使用する。三つの評価があるのはよく発音とわかることがある。

タ分析の評価からスラバヤのサチャウィヂャ高校の二年生の観光サビサ話す技能を分析の高校生は発音と早いとわかることの話す能力は言い能力がわかってくる。


28 要旨

国立スラバヤ第三高校の言語学科の二年生に言葉の指導よに

ディオメディアの使用

ディオメディアというのは授業の中で教えやすくするために使用する教材。日本語の学習者にとっては、新しい言葉の聞きとりと書きとりは難しいだと思う。このにもとづいて、国立スラバヤ第三高校の言語学科の二年生に言葉の指導よにオディオメディアの使用を研究をはじめていく。

言葉の指導よだろうが、もう一つの目的はどのように国立スラバヤ第三高校の言語学科の二年生に言葉の指導よにオディオメデェアの使用である。生徒の反応について言葉の指導よにオディオメディアの使用である。

この研究はéクラスルムアクヂィオンレサチュûの研究である。この研究に研究者は二つやりかたをわれる。一番目のsiklusからテストのクラスの平均点は76,83ある。それから、二番目のやりかた上がっていく。二番目のsiklusからテストのクラスの平均点は81,25ある。それから、言葉の指導よにオディオメディアの慣用は生徒たちは言葉を理解である。

アンケトによって、この研究のけっかのようにあきらかになった、言葉の指導よにオディオメディアの使用言葉の理解することが工夫こともできる、じぜんな日本語を聞くことができる。


29 要旨

SIDOARJO第3国立高校言語学科十一年生におけるBUKU PELAJARAN BAHASA JEPANG I (EDISI UJICOBA)を使用した教育方法の効果に関するDESKRIPTIF KUALITATIF研究

名前 :エルリナ ラーマワテイ

学生番号 022104013

専門 :日本語学科 / S1

学部 :言語芸術学部

大学名 :スラバヤ国立大学

指導教師 :ミンタルシ S.S., M.Pd

この研究の背景は高校で能力アプローチ2004年のカリキュラムが行われている。2004年のカリキュラムを現実すると日本語授業の教科書が新しい教科書に改定されることになる。新しい教科書というのは実験中のBuku Pelajaran Bahasa Jepang I (Edisi Ujicoba)である。この教科書には実現の生活を再現した教育方法が取りは入れられている。このような背景に基づく、研究の問題は以下の通りである:

1.SIDOARJO第3国立高校言語学科十一年生でBuku Pelajaran Bahasa Jepang I (Edisi Ujicoba)の教育方法はどのようなであるか。

2.その教育方法はSIDOARJO第3国立高校言語学科十一年生の日本語能力にどのような効果を与えているか。

3.Buku Pelajaran Bahasa Jepang I (Edisi Ujicoba)の教育方法に対して生徒達の意見と希望がどのようなものがあるか。

この研究はDeskriptif Kualitatif 方法のField Researchアプローチを用いた。その方法でできた研究の結果は以下の通りである:

1. 教師はBuku Pelajaran Bahasa Jepang I (Edisi Ujicoba)を使用して授業を行うときいくつかの教育技能を用いる。その技能とは生徒達と相互理解技能、クラスを運営技能である。また、教師はクラスでorganisator motivator fasilitatorinformanとしての役割をはたす。

2. 生徒達の日本語能力に対する教師の教育方法の影響により日本語テストは72点であった。これはSIDOARJO第3国立高校で決めた授業完全を満たすことができる。

3. 生徒達の意見はこの教育方法が熱意と自立的に勉強の意欲をわかせる。困難に遭遇した場合でもその困難は面白くわかりやすく授業で克服できる。生徒達の希望は教師のやる気と様々教育方法に左右される。

30 要旨

国立 ボジョネゴロ 第2高校 の 二年生 の 日本語 能力 に 対する Portofolio 学習教授法 の 応用への 実験的研究 に ついて

名前 :ノフィアニトリニンルン

学生番号 022104017

専門 :日本語学科

学部 :言語芸術学部

大学 :スラバヤ国立大学

教育の過程のなかに、学生が効果的と能率的に勉強できるために、先生は戦略を持ったなければならない。その戦略一つは日本語学習の過程Portofolio を教授法を実用する。実は、Portofolio教授法を使う先生はグループと個人であるとして学生の能力を上げるのに努力する。この能力はインフォーマチオンを集める能力を身につけられるように勉強のけいけんをとおしておよび、宿題のなかになにを書くことレポートを作ることである。

国立ボジョネゴロ第2高校の二年生の日本語能力に対する Portofolio 学習教授法の応用があるか。この研究の問題は国立ボジョネゴロ第2高校の二年生の日本語に対する Portofolio 学習教授法への応用の影響はどのようにあるかを示す。

この研究は質的調査方法であり、とくに実験的方法を利用した。平均値式とt-signifikansi t-scoreを用いた。結果は、t-signifikansi(コントロールクラス)10,22>t(5%;db=31)=2,0399 t-signifikansi[実験クラス] = 17,02>t(5%,db=31)=2,0399. コントロールクラスと実験クラスは学習教授法が効果的である。Portofolio 学習教授法を使用したクラス[実験クラス]と使用しないクラス(コントロールクラス)では結果が明確に異なっている。それは、t-score = -10,29のほうがt(5%;db=31)=-2,0399 より低いからである。


31 要旨

読解4級の問題集に対するスラバヤ台19国立高校の2005-2006学年度言語三年生の理解読能力

読むことの役割は知識が増えることもできるというもので、このテーマを書くことにした事件である。読むことは言語能力に関係もある。ほかのは、聞く能力、話す能力、書く能力である。読むことは日本語教育の中では「読解」という言われている。この研究にテクスの内容を理解するだけである。

研究しているうちの問題点はつぎのとおりである。読解4級の問題集にたいするスラバヤ台19国立高校の2005-2006学年度言語3年生の理解読能力をもっているのか。その能力を知っているためにESSAYというテストを使用される。実証する前に、そのテストの妥当性を証明するためにPRODUCT MOMENTという公式を使用される。信類性を証明する場合はALPHA CRONBACHという公式で使用される。そして、テクスの中の各番号も妥当性を受ける。

この研究はDESKRIPTIF KUANTITATIFの研究方法を用いたり、参加された学生は36人だったり予定である。収集されたデータは、STATISTIK DESKRIPTIF方法で加工されたり、結果をしたり、TENDENSI SENTRAL統計の実験をしたり、それでまとめた結果は能力の類別にいれたりした。

研究の結果はこのようなことが明らかになった。

1.(85%-100%)でとても良いという能力をもっている学生は4人である。

2.(75%-84%)で良いという能力をもっている学生は7人である。

3.(60%-74%)で十分という能力をもっている学生は2人である。

4.(40%-59%)で不足という能力をもっている学生は3人である。

5.(0%-39%)で失敗という能力をもっている学生は0人である。

それで言語3年生の平均能力は72%で、十分である。


32 要旨

スラバヤ第2等学校言語クラスの二年生が助詞と形容詞の変化と疑問視を問題をどこまで解いことができるか。

名前 :リナ スチ アンドリア二

学生番号 :032104201

専門 :日本語学校

学部 :言語芸術学部

大学 :スラバヤ国立大学

指導教師 Dra.Ina Ika Pratita M.Hum

日本語を学習する目的は、日本語を正しく使うことができるようにするためである。日本語の授業の中では、非常に間違いか多くこのことはさげることができない。しかし、その間違っている日本語を直すことによって日本語能力が進歩する。

外国語、特にに日本語を勉強するときは、学生国民の試験を受けられるように、基本文型を覚えなけれなりません。本研究は:

1.二年生の能力で、助詞の問題をどこまでできたかを研究する。

2.二年生の能力で、形容詞の変化の問題をどこまでできたを研究する。

3.二年生の能力で、疑問文の問題をどこまでできたを研究する。

つまり、研究の目的が二年生の言語クラスの学生が助詞と形容詞の変化と疑問文の問題をどこまで解くことができるかを調べることである。

論文で使用した方法はPRODUCT MOMENT KASAR である。また、筆記テスト、によって学生が助詞と形容詞の変化と疑問文の問題がどれだけできるかをかを測定した。

測定の結果は:

1.二年生の助詞の問題の正答率は69,56とまあまあよい。

2.二年生の形容詞の変化の問題の正答率は67,89とまあまあよい。

3.二年生の疑問文の問題の正答率は76,81とよい。

Tinggalkan Balasan

Isikan data di bawah atau klik salah satu ikon untuk log in:

Logo WordPress.com

You are commenting using your WordPress.com account. Logout / Ubah )

Gambar Twitter

You are commenting using your Twitter account. Logout / Ubah )

Foto Facebook

You are commenting using your Facebook account. Logout / Ubah )

Foto Google+

You are commenting using your Google+ account. Logout / Ubah )

Connecting to %s

%d blogger menyukai ini: